現在、工事中です。

これから株式投資を始める方に、今更聞けない株式の知識や株式での資産を築くと言う事の意味、知って置くと知らないとでは大きな違いを生むことなどを書いていきたいと思います。

株式投資ほど簡単に儲かるものはありません。

ただし、ほんの少しの勉強が必要です。
この世の中に勉強もせずに出来るものはありません。お金を稼ぐと言う事はある意味プロになると言う事です。アルバイトでも勉強は必要なのです。
しかし、株式市場(しじょう)には、何も知らない人が満ちています。それは目を瞑って車を運転するようなものです。
なぜか株式投資は世間的に怖いというイメージが蔓延していますが、まさに怖いことをして、事故を起こす無謀な方が蔓延しているからです。

考えても見てください。車の運転のほうがリスクが遙かに高く、怖いものです。
ですから、一月ぐらい教習所に通い、免許を取ります。
株式投資は命まで取られるような危険なものではありませんが、せめて車に乗る程度の勉強と練習が必要です。
誰でも教習所に通い免許を取れば、公道を走れます。同じように株式投資で資産を築くことが出来ます。

ここでは、その最初の一歩を踏み出すための考え方を理解してもらい、道しるべとしたいと思います。

長い時間を掛けて、このコーナーを充実させて行きますので、ご了承ください。

株式投資をするのにはお金が必要です。
必要と言いますか、お金と株式をチェンジする事で、あなたの資産を株式に移すことが投資(investment)あるいは出資と言う事です。

株式と投資とは
題名
スポンサーリンク