株主優待と配当と株価上昇のトリプルパワー

株主優待と配当と株価上昇のトリプルパワー。株式投資は、kabuv.com(株ビクトリーどっとこむ)

「株式用語集」の記事一覧

とある株式投資用語集(わ)

ワラント債(Warrant-linked Bond) 決められた期間内に、その会社の株式を一定の価格で購入する権利を持った有価証券のことで、新株予約権付社債のことです。 2002年の商法改正で、従来の転換社債とワラント債 […]

とある株式投資用語集(ろ)

ローソク足(ろーそくあし) 始値、高値、安値、終値を表すように図形化した罫線、チャートです。 蝋燭(ろうそく)に形が似ているので、この名があります。 江戸時代に、日本の米相場で考案され、現在では主流のチャートになっていま […]

とある株式投資用語集(れ)

レーティング(Rating) 証券会社などのアナリストがリサーチして格付をした投資判断です。 劣後株式(れつごかぶしき) 配当金や残余財産の分配で普通株式より不利になる株式です。 既存の株主に不利にならないような資金調達 […]

とある株式投資用語集(る)

ループトレード(Loop Trade) 現物取引で、同じ一定の資金を使って、1日のうちに銘柄を変えながら何度も取引をすることです。 現物取引で、同じ銘柄で何度も売り買いをすると、その取引の総額の資金がなければ、差金決済に […]

とある株式投資用語集(り)

リーグテーブル(League table) ブックランナーと呼ばれる事務主幹事証券として取り扱った、引き受け実績などのランキング表です。 ステイタスになるようで、ランキング競争なども行われています。 Internatio […]

とある株式投資用語集(ら)

ライツイシュー(Rights issue) 新株予約権無償割当のことです。 株主は、新株予約権を利用して株式を取得するか、新株予約権を売却するかを選択できます。 ライフスタイルファンド(Life Style Fund) […]

とある株式投資用語集(よ)

ヨーロピアンタイプ(European type) オプション取引で、満期日のみ権利行使ができるものです。 満期日まで、いつでも権利行使が出来るものと、アメリカンタイプと言います。 陽極まれば陰転する(ようきわまればいんて […]

とある株式投資用語集(ゆ)

ユーロ(EURO) 欧州連合(EU)加盟28カ国のうちの19カ国が参加する共通通貨の名称です。 この地域のことをユーロ圏と言います。 ユーロ円債(ゆーろえんさい) 自国市場以外で取引される自国通貨の金融市場を、ヨーロッパ […]

とある株式投資用語集(や)

約定(やくじょう) 相場で、注文し、取引が成立すること。 約定代金(やくじょうだいきん) 約定値段に約定数を掛けたものです。約定代金は手数料を含めません。 約定日(やくじょうび) 取引が成立した日です。受け渡しは+3日で […]

とある株式投資用語集(も)

モーゲージ証券(Mortgage Backed Security) 不動産を担保として発行された証券です。 多くの場合、住宅ローンの貸し手が、住宅ローン債権を債券の発行体に貸出し、債券化して一般投資家に売り出します。 目 […]

とある株式投資用語集(め)

銘柄(めいがら) 売買の対象になる有価証券のこと。 数々の、株式銘柄や投資信託銘柄、債券銘柄など種々あります。 名証(めいしょう) 名古屋証券取引所のこと。通称、伊勢町。 東京と大阪と合わせて、3市場と呼ぶことがありまし […]

とある株式投資用語集(む)

ムーディーズ(Moody’s) 米国の最も主要な格付会社の1つ。影響力があります。日本にはムーディーズジャパンが存在します。 向かう(むかう) 売り向かう、買い向かうと言うように、大きな勢力に対して、対抗して […]

とある株式投資用語集(み)

見切り千両(みきりせんりょう) 相場格言の1つ。 駄目なときは早く見切ることが大切と言っています。 この語の後は、見切り千両、損切り万両と続く場合もあり、だめ押し的な形になっています。 ミクロ経済(みくろけいざい) 微視 […]

とある株式投資用語集(ま)

マーケット(market) 日本語では市場(しじょう)と言います。 取引所のような特定の場所を意味しません。価格を形成するすべての構成や需給を言います。 取引所は、市場(マーケット)の一部です。 マーケットアプローチ(M […]

とある株式投資用語集(ほ)

ポータビリティー(Portability) 持ち運びできることの意味ですが、金融の世界では、転職時に企業年金資産を次の企業年金に持ち運びできることを言います。 ポートフォリオ(Portfolio) 書類を入れる平らなケー […]

とある株式投資用語集(へ)

ベーシススワップ(Basis Swap) 異なる変動金利を交換するスワップ取引のことです。 ベーシスポイント(basis point) 金利の表示に使われます。1bpは、0.01%のことです。 割は10%、分は1%、厘は […]

とある株式投資用語集(ふ)

ファイナンス(Finance) 資金調達のことです。 特にファイナンスと言う表現を使うときは、新株の発行などの自己資本の調達を言います。 ファイブ・アイズ(Five Eyes) 米国と諜報活動の協定を集結している5つの国 […]

とある株式投資用語集(ひ)

日足(ひあし) ローソク足の一本が一日の動きで出来ているチャートです。 他に週足、月足などがあります。 東アジア地域包括的経済連携(Regional Comprehensive Economic Partnership) […]

とある株式投資用語集(は)

パー(Par price ) 債券価格が額面と等しいことを言います。 ちなみに額面より低いことは、アンダーパーと言い、高い事をオーバーパーと言います。 ハードランディング(Hard Landing) 経済が犠牲を払いなが […]

とある株式投資用語集(の)

ノーロードファンド(No-load Fund) 一般的に投資信託を購入する場合は、販売手数料(買付手数料)が掛かりますが、これが無い投資信託です。 MRFやMMFなどの公社債投資信託がほとんどですが、他にもあります。 乗 […]

とある株式投資用語集(ね)

値上がり益(ねあがりえき) 値上がりによる利益で、キャピタルゲインのことです。 株式による、実質的な利益は、この値上がり益と、配当と、株主優待です。 当サイトは、この株式のパフォーマンスを、トリプルパワーと呼んでいます。 […]

とある株式投資用語集(ぬ)

抜く(ぬく) 節目や大台を超えたときに、抜く、抜いたという表現をします。 下に抜けたときは、下抜けと言ったりします。 ボックス圏での往来相場や、サーポートライン、レジスタンスラインを抜いた時は、新たな展開があります。 今 […]

とある株式投資用語集(に)

二階建て(にかいだて) 現物で買っている銘柄を信用取引の担保として使い、さらに同じ銘柄を信用取引で購入することを言います。 株価が上昇した場合は、少ない資金で大きなレバレッジが効きますが、下落した場合は多大な損失になりま […]

とある株式投資用語集(な)

内需関連株(ないじゅかんれんかぶ) 主な事業基盤が内需にある企業銘柄。 建設、不動産、外食、小売、通信、電力、倉庫、電鉄、食品など。 好況不況の波にとらわれにくいと言われています。 日本は内需の大きな国ですから、内需関連 […]