当サイトの注目銘柄、健康コーポレーション(2928)より、株主優待カタログが届きました。
また、子会社のSDエンターテインメント(4650)からも株主優待カタログが届きましたが、表紙を除いて中身は同一です。

33項目の製品、サービスから、各自の株数での優待金額まで、自由に組み合わせて選べます。

健康コーポレーションに於いては、次回から年一回の優待になりますが、一回の贈呈金額は2倍になります。また、優待カタログの品数を300%にアップすると公約されています。
今回の33品目は、3倍にして、ほぼ100になりますので、次回、100品目が目標として設定されているのでしょう。

100品目を超えるカタログ優待は、かなりインパクトがあります。
健康グループは、上場会社4社を始め、孫会社も含め、20数社程度で構成されていますが、扱う製品の数も多く、この品数などは話題性があり、注目優待銘柄として紹介されることも増えると思われます。

なお、最近グループに加わった、夢展望(3185)には、まだ優待制度がありませんが、予てよりグループあげて優待を充実させると公約されていますので、そのうち株主優待の新設が発表されるのではないでしょうか。
観察すると、SDエンターテインメントと親会社の健康コーポレーションの優待内容は同一、イデアインターナショナルは、やや内容に違いがあることが分かりました。夢展望がどうなのかは、いつからかも含め、現時点では不明です。

さて、優待カタログをアップしますが、写真のクリックで拡大し、クリックで縮小します。
また、拡大している状態で、マウスのダイアルで次の写真に移ります

( 写真は文字の読み易さを考えてソフトで色彩補正処理をしていますので、実際の色とは微妙に違います)

優待金額の設定は、実際の正価に比べて、かなり有利になっています。
特にSDエンターテインメントの利用券(映画鑑賞で使って一回625円換算)、また、美顔器等も単品28000円売りのものにジェル(5800円税抜き)をつけて15000円換算になっています。(もちろん、定期購入が条件の割引き価格、在庫処分のセール価格のほうが安い場合はあります)

最後の18000円のお楽しみセット品は、福袋のようなもので、中身が分かりませんが、なにげに在庫処分的な感じもしますので、値段から言えばかなりお得ではあると思われます。

※SDエンターテイメントの施設無料利用権は、一枚で、映画(1作品)、ボウリング(3ゲーム)、ゲーム(メダル300枚)、ネットカフェ(3時間)、フィットネス(1回優待利用)、シュミレーションゴルフ(30分)のいずれか、1回使えます。

スポンサーリンク