当サイトの参考銘柄、ダイエーはイオンによる完全子会社化が行われるという報道がありました。会社側は否定していますが、検討されていることは確かでしょう。この事について、論評します。

ダイエーの現在値、121円です。先日、打診買いも可でしょうと書きましたが、この水準で買われた方、おめでとうございます。

まだ決定事項ではありませんし、株式交換比率は現在未定です。しかしながら、現在値程度で購入されている場合、儲かる確率が非常に高いと思われます。

株式交換によるM&Aは法律の規定により、100%の株式の取得が義務づけられています。この取得をしようとすれば、ダイエーの株主総会で3分の2以上の特別議決を得なければ出来ません。

気になるのは、株式交換比率ですが、この議決を通すには、イオンの持ち株以外にかなりの賛成票を得る必要があります。つまり現在の株主の大多数に於いて、交換比率が適正、、、要するにダイエーの株主に対して賛成するに足る有利さでないとならないわけです。

ダイエー株価は、現在はかなり急落している状況ですので、ここより下で基準株価が決まる可能性はほぼ無く、半数近くの株主が有利であると賛成する基準価格によって、交換比率が決まることが考えられます。

一定の期間の平均株価や、純資産によって交換比率は決まると思われますが、ダイエーの一株純資産は現在の株価の約二倍あり、株価の比率に対してプレミアムが付く可能性があります。

もちろん、ダイエー株主に過大に有利であれば、既存のイオンの株主に取って不利になりますので、そのあたりはある程度の根拠のある適正値が考えられるでしょう。おそらく完全子会社にするのであれば、双方の一株純資産比率がかなり高い割合で考慮されるのではないかと思われます。

株価が下がっていたのは、仕掛けが入っていた可能性もあり、それは下げて置いて、発表前の株価よりかなり高い株価を基準に交換比率が決定されれば、やれやれで賛成票を集めやすいという思惑があった可能性もあります。

もちろん、交換比率は決定前ですので、どうなるかは分かりません。分かりませんが、当サイトの見解は、現在の価格よりは高い価格が基準価格になるものと考えます。株価が上がったところで売り抜けるか、イオン株への交換をするかは、それぞれの方の考えでしょうか。

スポンサーリンク