ジェイグループホールディングス(3063)から優待の食事券が届きました。
※以前の紹介ページにつけ足して、ページを改編しています。

優待権利日は、2月末、8月末の年2回です。
ジェイグループの優待の良いところは、年2回であることと、利用期間が一年であること、食事券を送り返すことで代替品を選ぶ事が出来ることです。

  • 100株以上 2,000円 (年間4,000円)
  • 200株以上 4,000円 (年間8,000円)
  • 600株以上 8,000円 (年間16,000円)
  • 1,000株以上 12,000円 (年間24,000円)

 

ジェイグループの株主優待

代替品は、たまに替わりますが、ほぼ毎年同じです。

ジェイグループの株主優待

今回の優待から、オリーブオイルが増えました。

注意することは、表面にも裏面にも書いてありますが、金曜日の17時以降の入店、12月の17時以降の入店では、使用できません。
混雑時は御遠慮下さいと言う事でしょう。
その代わり、金券、割引券等で割り引いた後、優待券を使うことが出来ます。

ジェイグループは利益も不十分で配当も少ないですが、店舗数は順調に拡大をしています。
スケールメリットが出てくれば、利益率はもっと良くなると思われます。

2014年優待

久しぶりの優待品の紹介です。

執筆時現在、参考銘柄のジェイグループホールディングスの優待は、お食事券です。

100株以上 2,000円 (年間4,000円)

200株以上 4,000円 (年間8,000円)

600株以上 8,000円 (年間16,000円)

1,000株以上 12,000円 (年間24,000円)

なお、ジェイグループホールディングスは、当サイトでは、優待のお得さと、成長期待で参考銘柄としています。

ジェイグループホールディングスの株主優待

(※写真はクリックで拡大し、クリックで元に戻ります。)

お食事券は1000円券で、金曜日の17時以降、及び12月の全日の17時以降の入店では使えません。要するにかき入れ時のディナータイムは御遠慮下さいと言う事で、注意する必要があります(裏面に記載あり)。

半期ごとに優待がありますが、期限は半年ではなく、それぞれ一年ですので使い勝手がよく、またお食事券の色が変わりますので、期限の迫っている券から使うことが容易です。

ジェイグループホールディングスの株主優待

近くに店が無い場合など、該当する金額分のお食事優待券を送り返すことによって、お酒やもつ鍋セットやさつまあげセットなど、店舗で提供している商品と交換することも可能です。内容に送料を課したような値付けの印象があり、お食事券として使用した方が少しお得な感じです。

交換は一月間ほどの申し込み期限がありますが、期限を過ぎても送付が遅くなったり、品切れで代替品になる可能性がありますが、交換は可能です。

ジェイグループホールディングスの株主優待

利用できる店舗のリストも付いています。成長途中の企業ですので、リストの送付後に開店する所もありますが、その場合でも使用できるようです。

 

スポンサーリンク