コロワイドの株主優待の加筆です。掲載してから時間が経ちましたので、追記します。コロワイド優待カード

2011年7月記載分

コロワイドの株主優待カードのご紹介です。

コロワイドでは、お食事券ではなく、優待カードになっています。このカードに年4回、1万ポイント(1万円分)ずつが振り込まれます。つまり、年4万円分です。本当にコロワイドの優待はお得です。

使い方は至って簡単、店舗でこのカードをお店の方に渡します。するとお店の方が機械にかざして操作しますので、一部のポイント分だけ使用する方はこの時に指定しますが、ポイントですので、端数があっても大丈夫ですので、黙って全額で良いでしょう。

非接触ICカードになっているみたいで、株主である限り同じカードを継続して使います。コロワイドのお店はどこにでもありますので、いつも財布の中にでも入れて置いて、何かの機会に使うと言うことが出来ます。年間4万円分ですので、使い出もありますし、知らないうちにポイントが増えています。こういった電子カードに毎回株主優待ポイントを付与すると言うのは新しい試みです。お食事券よりスマートで利便性もあります。

ポイントの期限は付与されてから1年間強ですので、十分な余裕があります。他のお食事券などでは、半年の期限に成っている物が多く、期限到来間近にもったいないからと、慌ててお食事券を持って食事に行くこともありますが、正直面倒です。その点、好感がもてますね。

又、株主サイトでこのポイントを商品にも交換できます。食肉類、お酒、ハム、お菓子などに交換できます(交換出来る商品は毎年少しづつ変わります)。調べた所、ちょうどその商品を送料込みで普通にネットで買った感じの値付けですので、無理に店舗で食事代として使わなくても交換してもお得な感じです。近くに店舗のない方でも優待は満喫できると思います。

ウエブサイトでの初期パスワード(当時)は株主番号になっていたはずですが、いずれにしても株主専用ページで好きなパスワードに変更が出来ます。 またポイント残額や使用した履歴もそこで確認できます。

優待カードの採用は、お食事券の転売防止と言う観点もあるかも知れませんが、何よりも食事券の印刷、送付の経費の削減が目的でしょう。コロワイドの優待は非常に有利なため、持続して株を持っている方が多いので、ICカードを作って送付したり、お店のすべてに通信端末を置く経費は、やがて回収出来るのは確実と思われます。

コロワイドの優待はとても有利なため、いつか優待の縮小、廃止が行われるのでは無いかと、心配される向きもありますが、こうしたシステムを経費を掛けて構築している事を考えますと、現時点では優待の廃止の可能性は少ないと思われます。

また、このシステムは、全店共通のポイントカード導入の実験的な試みであるかも知れませんね。

2014年12月の加筆分

コロワイドの株主優待は、ポイントで運用です。1ポイント1円として店舗で飲食に使えますが、近くに店舗がない、又は、商品に交換したいという場合は、カタログでの選択も出来ます。

ポイントは3ヶ月に1万ポイント(1万円分)が、株主様ご優待カードに自動的に振り込まれますが、商品カタログは半期に一度郵送されます。また、ウエブでは常時閲覧できます。

14年12月配布分はこんな感じです。

コロワイドの株主優待

 

商品は、主に食材、酒類になり、毎回、少しずつ新しいものが入ります。また、年末にはお節の提供もあります。

コロワイドの優待

1ポイント1円の換算で考えると、送料を含めてまあ妥当な定価販売的な値付けです。

交換は郵送、もしくはネット(株主様ご優待サイト)で出来ます。ネットが便利だと思います。また、ネットではこのカタログに載っていない商品の提供も行われています。おそらくこのカタログに掲載しているのは半年以上に渡って安定的に提供できるもので、ネットでのみ提供しているのは、長い間、提供できない可能性のあるものなのでしょう。

 

スポンサーリンク