仮想通貨と言うものをご存じだと思います。ビットコインが有名です。

いわゆ電子的な貨幣です。
日本でも決済手段として法整備(資金決済法改正)がなされましたので、GMOやSBIなどを含め、10社程度が取引所を設けるようです。

今日はこの取引所と、ビットコインの紹介です。
さて、お金の価値とはで、現在の通貨(円など)と比べ、ビットコインのような仮想通貨の方がよっぽどマシだと、書いています。

上記の記事では、ブレトン・ウッズ体制が崩壊した現在の通貨には実質資産の裏付けがなく、いくらでも発行出来るものだと書いています。
そして、通貨でのみ、資産を積み上げることの危険性を述べています。

仮想通貨と言うものの発明は、この脆弱な体制を打破する必要があったことも理由です。
仮想通貨に実質資産の裏付けがないのは現在の通貨と同じですが、最大発行量に制限があり、上限以上は発行出来ません。
これはシステム上、何をしても出来ないと言う事です。

マウントゴックスのビットコインの事件がありましたので、不安に思われている方もいらっしゃるかと思いますが、あの事件は取引所が不正をしていた(社長が抜き取った横領事件)、つまり詐欺事件でした。
よくあるお金の絡む詐欺事件と同じです。

ビットコインそのものが問題ではありません。ビットコインのシステムは非常に堅牢になっています。

当サイトは、株式の長期投資のサイトですので、通貨取引やFXはあまり扱いません。
しかし、ビットコインは、投資として考えると、旧来の通貨とは違った趣がありますので、紹介します。

大原則として、投資対象は、生産出来ない物が相応しいです。これは分かって頂けるものと思います。
テレビや照明器具などを買い求め、値段が上がることを期待しても、ほぼ無駄です。次から次と生産されているからです。
昔、オランダでチューリップ投資が盛んになり、暴騰の後、暴落しました。
当然、球根は生産出来てしまうものですので、上がり続けるはずもないものでした。
普通は暴落しても、また機会があれば相場は上がるものですが、そうなりませんでしたね。

普通の通貨も、いくらでも発行出来ます。実際、現在の金融緩和で、円も発行量が増え続けています。
ですから、ドル円でも円安になったり、円高になったり、トレードによって儲かったりもしますが、基本的には、長期的にどちらかの通貨の価値が上がる続けるようなものではありません。

しかし、ビットコインは長い間、価値が上昇し続けています。
もちろん、危機が起こるとビットコインは急騰しますので、その後の暴落もありますが、大きな目で見ると価値が上がり続けています。
なぜなら、総発行数が決まっているからです。
数が増えないものと、増えるものとの対比で考えれば、増えないものの価値が長期的に上がって行くのは、言わば当然のことです。

ビットコインも金(きん)を真似て発掘と呼ばれる計算により作れますが、年々難しくなるように細工がしてあり、上限(2100万BTC)が決められています。正確には、20,999,999.9769BTCまで。BTCは、ビットコインの表記。
現在の発行量は、推定1800万BTC程度。
今では、発掘は高性能コンピューターを何台も稼働し続ける必要があり、電気代だけでも大変な負担です。

仮想通貨取引所

ビットコインを円と交換したり、ドルと交換したりするのは、為替取引になりますが、取引所のビットコインの詐欺事件がありましたように、信頼出来るところで取引する必要があります。

これに関しては、冒頭で述べましたように、国内の大手企業グループが参入してきましたので、安心できるものとなっていきます。

さて、現在、早々と、「Z.comコイン byGMO」が、2017年5月24日に取引開始を表明しています。※2017年5月31日に開始に変更になりました。
普通の為替取引と、ビットコインのFX取引の2つです。Z.comコイン byGMO

※ ビットコインは世界通貨で、銀行口座も不要なので、24時間、365日の取引になります。
0.001BTCから取引出来ますので、百円程度から行えます。

仮想通貨は完全に需給で決まりますので、急騰、急落もありますので、どなたにもお奨め出来るものではありませんが、どのような取引か、どのようなものか、体験して見たい人はどうぞ。
また、朝鮮有事の時のリスクヘッジになります。有事があると暴騰する傾向があります。

まだ黎明期で、どの通貨が主要なものになるか分かりませんので、私はリスクヘッジの観点で、いくつもの種類に分散投資をしています。
ビットコイン以外のいつくもの仮想通貨の取引も出来ますので、分散投資の観点で、当サイトとしては、こちらの大手国内取引所がお奨めです。 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

スポンサーリンク