優待は年二回、権利日は3月、9月

保有期間3年未満

100株以上 1,000円相当の自社商品 、500株以上  2,000円相当の自社商品 、1,000株以上  3,000円相当の自社商品、 3,000株以上  4,000円相当の自社商品

保有期間3年以上

100株以上  2,000円相当の自社商品、 500株以上  3,000円相当の自社商品 、1,000株以上  4,000円相当の自社商品、 3,000株以上  5,000円相当の自社商品

理研ビタミンの株主優待は、保有3年以上から、倍増になります。3年は長いので、取得する可能性がある方は、今のうちに単位未満の端株を一株取得して置いてください。端株が買える証券会社は、<a href=”<% pageDepth %>category8/index.html”>証券会社の選び方</a>を参照して下さい。

一株でも持っていれば、株主番号が付きます。その後、単位株の100株を取得すれば、始めの1株からの長年の101株を持っている株主と見なされます。(保有期間の調べ方を変えた場合は通用しないかも知れませんが、有効なはずです。) 年に二回の優待がありますし、保有期間3年以上と見なされれば、配当と合わせ、わりとお得な感じがします。

調味料などを作っていて、理研のわかめなども有名です。現在、震災の損失で、株価はが低迷していましたが、多少上向いたといえ、現在もほぼ底値圏にあります。この銘柄としては、割安な株価です。 財務体質は非常に良く、収益も安定していて、保有することを考えると、かなりの安心感があります。しかし、この会社は10年単位の期間を通して見ても、成長力がありません。旧来の事業を旧来のままに順調に行っているという感じです。

洋風と和風の違いがありますが、アリアケジャパンと似た感じの事業ですが、アリアケジャパンが成長と続けていることを思うと少し物足りない感じです。 ただ、この株価の水準は安値圏であり、全体相場の見直しと共に上昇の期待もあります。しかし、現在のPERは20倍で割安感としてはやはり物足りない感じです。

当サイトの見解は、優待が年に二回あることも含め、優待が気に入れば、持つのもよろしいかと言うことです。

スポンサーリンク