優待は年に一度、2000円相当の商品です。前年は1000円相当の商品でした。本年は特別米2キロです。少ないとお思いでしょうが、株価200円強、最低単位100株ですから、2万円程度で取得出来ることを考えるとお得な感じもします。配当も出ています。 この会社は元々株主還元に非常に積極的で、本来はポイント制の株主優待を行っており、長期株主に高ポイントを与え、厚く優待をしていました。業績不振で中止され、現在の株主優待は去年の1000円程度から、2000円程度にややアップしたばかりになっています。

業績はやや改善しましたが、微々たる物で、回復と言える物ではありません。業績の先行きはまだ不透明感が強い状態です。浮動株はやや多く、個人株主の比率が高く、株価の回復は容易では無い感じもします。

しかし、財務状態は良く、業績の良い時は自社株の取得も積極的な会社でした。フェニックス電気という社名の時に破綻を経験しており、その時に立て直しの主導的な役割を果たした中村雅哉氏の所有していた株式、約30%弱を同氏から取得して保有しています。 この株式の今後がどうなるかは気になるところです。もし、この株が消却されると一気に需給が良くなります。又、会社の戦略的な意味でこの株式を利用する案があったとしても、おもしろい展開もあり得ます。

弱含みな業績ですが、世界シェア9割の製品も持っており、決して泡沫企業ではありません。たった2万円で一単位が購入出来る事もあり、本来の優待への復帰の期待もあります。その時は(フェニックス電気の頃より)長期株主を優遇する社風がありますので、十分期待できる感じです。

オリンピックではないですが、参加することに意義がある、、、2万円でその切符を買って置くのもおもしろいかも知れません。当サイトとしては、ちょっと遊びで購入するのも可かなと言うところです。

追記、赤字のため、優待制度が休止されていまいました。

この会社は 業績によって優待制度の休止や拡充が多い所です。財務体質は良いので、復活を夢見て持ち続けるのも可です。

追記、復活しましたが、1000株以上です。

スポンサーリンク