フォーラム関係に多少のトラブルがありましたが、無事にサイトのリニューアル作業を終了しました。

以下、お暇な方だけ、お読み下さい。

リニューアルの理由

トリプルパワーは、CMS(Content Management System)であり、つまり、プログラムで動いています。
その機能の1つにレスポンシブWebデザインと言うものがあり、もちろん前サイトも対応していました。

レスポンシブWebデザインとは、アクセスして来た端末の画面サイズを感知して、最適なWEBデザインを提供すると言うものです。
今、皆さんが見ているページは、本当は存在していません。
アクセスされた皆さんの端末に応じて、プログラムが、その都度、データーベースから、文章を呼び出して、画像ファイルも縮小したり、再配置したりして、画面解像度に応じて見やすいページを自動で作り出しています。
つまり、高解像度モニターなら、それを活かして、タブレットなら、それなりに、スマホなら、それに応じて、最適な対応をします。

Googleは、スマホなどのモバイル端末に最適化しているかと言う判定をかなり以前からしています。
モバイルに最適化していないページは、スマホなどでの検索では、かなり順位を落とされます。

なぜか、当サイトは暫く前から最適化していないと判定されていました。

時代の変化には逆らえない

トリプルパワーはレスポンシブWebデザインサイトでしたが、1年ぐらい前から、モバイルフレンドリーではないと言う警告がGoogleから届くようになりました。
検索に、このサイトはモバイルフレンドリーではないと、表示されるようにもなっていたのです。

理由は、要素が近すぎる、文字が小さすぎる、横幅がはみ出しているなどですが、見てみるとそういう事実はなく、濡れ衣に近い感じでした。
おそらくGoogleの判定プログラムの何かが、このサイトと微妙に相性が悪いとしか思えませんでした。
もしかしたら、時代の流れで判定が厳密化して来たためかもしれません。

たまに解除されたりしますので、暫くほったらかしにしていたのですが、アクセスがどんどん下がってきていました。
モバイルフレンドリーでないサイトは、モバイルでの検索で、かなり下位の順位に落とされます。PCでの検索でも不利です。
最近はモバイルでのアクセスが、6割以上、7割8割というサイトもあります。アクセス減少の原因は明らかでした。

改変作業

CMSには、テーマという機能やデザインを付加する一種のプログラムがあります。
PC主体でモバイルにも対応しているテーマから、モバイル主体でPCにも対応している新バージョンのテーマに変更することにしました。
つまり、各画面サイズに対して、もっと細かく対応する、指で押しやすいボタンなどにするということです。

乗せ替えだけなら、簡単なのですが、トリプルパワー用に(こだわりで)カスタマイズをする必要があります。
しかし、直接ファイルをいじって、CSS(Cascading Style Sheets)と言う言語を書き換えないとカスタマイズが出来ません。
トライアンドエラーもあり、作業に時間が掛かりました。

途中でバグを2つほど見つけ、製造元のシステムハウスに報告と対処法を聞いたりもしましたので、特に時間が掛かりました。

最近は有料、無料も含め、デザイン性がよく、カスタマイズが楽なものが増えていますが、稼働速度を重視するとそれらは選びにくいのです。

なにはともあれ

まだ、色調などの調整は残りますが、ほぼカスタマイズは終了しました。

7000行ほどのCSSで記述されている設定ファイルを300行ほど書き換えた感じです。もちろん、PHP(Hypertext Preprocessor)のプログラムも多少改変しました。

多くの場合、以前のサイトに近い感じのデザインにしています。
違和感がないようにすることと、以前から心理学的にも風水的にも、明るく活動的な感じに若干調整していましたので、それらを続行したいと言う事です。

表からは分かりにくいのですが、機能的にも進化しています。また、最近の流行のように、ビジュアル化されています。
文字サイズは普通よりやや大きめにしています。
chromeの文字サイズの設定、標準の中、または大にしても、特に違和感のない感じにしています。

なお、アクセスランキングは、サイトの下部(フッター)に移しました。
しかし、ページにアクセス数が表示されていませんが、開発元で機能の実装が遅れていますので、暫くお待ち下さい。

※今回、株式用語集のURLを改変とは別に変更しました。
冗長性があったので、遠い将来に用語別にページを作る可能性も考えて、思い切って短いものにしています。

甲斐はあったか

現在、モバイルフレンドリーテストをすると、合格します。
Googleのサーチコンソールを見ると、修正を検証中になっていますが、有効なページが214になっていますので、大丈夫でしょう。

1年ぶりぐらいに、モバイルフレンドリーサイトに復帰出来たようです。

※後日記載。Googleのサチコ(サーチコンソール)から、正式にモバイルフレンドリーサイトに復帰した旨のメールが来ました。

スポンサーリンク