当サイトの稼働サーバーを移転しました。
前回移転してから、まだ一年も経っていませんが、動作速度や安定性に若干の不安がありましたので、もっと高性能なVPS(仮想専用サーバー)に移転しました。

前サーバーは原因不明で深夜にウエブサーバーが止まってしまうと言うトラブルが月に一回ほどありました。
また、再起動したときに一部の機能が自動で起動しないと言う不具合もありました。

普通のレンタルサーバーではなく、自力で管理する専用サーバーですので、自分自身で解決する必要がありました。
しかし、当初からでもあり、サーバー固有の不具合としか思えませんでしたので、性能強化の必要性もあって思い切って移転を致しました。

CPU5コアの6ギガメモリで、前サーバーよりCPUが1コア増えて、メモリが2ギガ増えています。ちなみにレンタル料は、ほぼ倍になっています。
それほど速度が早く感じられないでしょうが、サーバー内部の負荷は見違えるように軽くなっています。
また、同時アクセス数にもかなり余裕が出来ました。

現在はWEBサイト表示のキャッシュプログラムは動かしていません。
サーバーの純粋な動作速度で、CMS(content management system:プログラム稼働のWEBサイトシステム)を動かしています。

そして、サーバーの余力を使って、一時中断していたページの閲覧数を再度表示することにしました。
キャッシュを使っていませんので、比較的正確に感知しています。
※現在の表示数は正確ではありません。キャッシュを使っていた間は、カウントを取りこぼしていたからです。カウント開始は、2016年9月15日。

現在はオーバースペックの状態ですし、現在のサーバーは、契約の変更のみでスペックの拡大が行えます。
従って、当面サーバーの移転はありません。
しかし、今後とも閲覧環境の整備には尽力して行きたいと思います。

今後ともよろしくお願い致します。

追記、

普通のレンタルサーバーなら、OSのアップデートを自分でしなくても良いのですが、
仮想とは言え、専用サーバーは自分でする必要があります。
モジュールがアップデートされることが頻繁なこともあります。

セキュリティ対策のアップデートも多いので、やはり、アップデートして置く必要があります。
アップデートした後は、念のため、サーバーの再起動をします。その間、サイトが表示されません。
ですから、今まではアクセスの少ない午前4時などにしていました。

しかし、繁雑なので、最近は昼間にすることが多くなりました。
ですから、再起動で1~3分ぐらいサイトが表示されないときがあります。

スポンサーリンク