全日空の優待です。現在、持ち株会社のANAホールディングスからの優待になります。年二回、航空運賃を半額にする優待券が送られてきます。その他にも、様々な優待券が送られてきます。

ホテルや、ゴルフ場、ツアーなどの優待券です。婚礼の予定がある方などはホテルでの披露宴の食事代割引きに利用すれば、十分元が取れますね。他にも買い物やツアーの割引きなど、たぶん使い切ることは出来ませんね。

ANAホールディングス優待

全日空の株価は、総じて最安値圏です。もちろん、チャートでは完全に底を打ったかはわかりません。ただし、JALの破綻や格安航空会社との競争にさらされる風評があっての底値圏だと思います。 現状の業績は非常に良く(過去最高)、業績からこの株価は説明できませんので、こう判断されます。

さて、JALの利益は全日空を上回っていますが、大幅なリストラや事業の縮小があってのことで、税効果による利益も大きいです。実体としての利益や企業体力などでは全日空が抜きんでています。今後も日本一の航空会社の地位はANAのものであることでしょう。 JALの再上場や優待券の再発行があっても、どこでも使用出来る利便性などで全日空の優待の魅力は失せることは無いと思います。

また、格安航空会社との競争は、おそらく日本では属性が違いすぎ、あまり問題にならない物と思われます。もちろん、全日空も子会社(ピーチ)で格安航空事業に進出していますが、交通に於ける航空のシェアを高めることが当面のトレンドに成るでしょう。 座席の狭さ、場合によっては荷物を預かって貰うだけでも有料、昨今の格安ツアーバスの事故など、従来の航空旅客の多くの需要をすべて満たせるとは思えません。 又、世界的にも航空運賃に大きな変革をもたらしたようにも思えますが、航空運賃カルテルに守られていた無競争高価格を維持していた国策的ないくつかの航空会社の倒産をもたらしましたが、格安航空会社も多くが倒産しています。

今後、航空業界は、格安通常料金を問わず、フレシキブルな料金体系に成っていくでしょう。最終的には包括的に優良顧客をいかに囲い込むかが勝負となると思います。

 

スポンサーリンク