当サイトの注目銘柄、健康コーポレーションは注目銘柄(当時は推薦銘柄)として初掲載時より、10倍以上の上昇を果たしました。

おめでとうございます。

初掲載は11年8月(当時の社名は健康ホールディングス)ですから、3年半ですが、実際には瞬間的に去年の9月に10倍以上を達成していますので、3年になります。

現在値、1199円。推薦当時、18000円(株式分轄が2回、100分割と、2分割がありましたので、一株90円相当換算)でしたので、13.3倍です。

今後について

さて、当サイトの注目銘柄は、株価10倍以上を目標としていると、予てより述べておりますが、健康コーポレーションの今後の当サイトの見解について、申し述べます。

当サイトは今後もまだまだ注目して参ります。東証へ出てきてからが、本当に美味しい所と何度も書いていますが、見解は変わりません。

優待を享受しながら、これからも保有されることをお奨めします。調整が入り株価が下落することも何度もあるかと思いますが、この会社はまだまだ成長期です。

そして、M&Aのための資金需要が旺盛で、今までも何度も書いておりますが、高株価は必要不可欠です。これからも株主価値を高めざるを得ず、実際に行動をしています。

そして、それ以上に会社の成長力があります。もうすぐ3Qの決算発表がありますが、ほぼ会社目標を達成するのは間違いなく、今期の業績も上方に修正される可能性もあります。

社長は去年のインタビューで、5年後に売り上げ2000億円と述べていますが、決して不可能な数字ではないと思っています。

子会社について

上場企業2社を始め、十数社の子会社群がありますが、イデアインタナショナル、SDエンターテインメント共に、優待利回りから、株価は割安だと考えています。

※イデアインタナショナル、SDエンターテインメントは、現時点で、注目銘柄でも、参考銘柄でもありませんが、上昇可能性は高いと思っています。

イデア

特にイデアインタナショナルは、新株予約権の行使価格、1616円以上に株価を上げて、引受先のマイルストーン・キャピタル・マネジメント株式会社(以降マイルストーン)に行使させ、売却させて、資本の充実を図る必要性があります。

37万8千株は、発行済み株式301万株に対して多すぎ、通常であれば株価を下げずに売り切ることは出来ません。しかしながら、マイルストーンには何らかの方策、あるいは会社側から株価に対する支援が受けられることの期待があるものと思われます。

もちろん、マイルストーンは予約権を行使する必要はありませんが、発行価格1300万以上を投入しているわけですし、また会社側も、他に有用な資金調達方法が無い限り、行使して貰わないと困ります。

保証の限りではありませんが、行使して株を売り抜けるためには、マイルストーン自らが株価をつり上げて売り抜ける、会社側が株価上昇に対して支援できる行動(優待の拡充など)をすること等が、普通は考えられます。

もちろん、業績の向上などにつれ、長い時間を掛けて売っていくという可能性もありますが、今までのマイルストーンの行動を見る限り、短期、数ヶ月から1年ほどで株価をつり上げ、売り切っていくでしょう。また、イデアも資本は早期に欲しいわけです。

ですから、マイルストーンが売り切るまでは、仕手株のような動きをする可能性があります。特にイデアは株数が少なく、株価操作はしやすいはずです。

スタートは、良い決算発表をして、株の購入意欲が上昇した時からでしょうか。2月13日(中間決算)、ここがスタートになる可能性があります。

以上、保証はしませんし、もし異常な株価上昇が起こっても、マイルストーンが売り抜けるまでと考えて下さい。全部で37万株強、行使状況は、IRが出ます。

スポンサーリンク