今日はまあまあの上げでしたが、調整は終わっていません。先日、うーん、微妙で書きましたとおり、

「と言うわけで、この先はしばらく調整の動きになりそうです」はまだ生きています。

現在、観察中ですが、以前から書いていますように、円安に振れた場合、もしくは、日銀の更なる緩和の拡大が条件になると思われます。

現在の所の心証では、5月はさらに下げそうです。

もちろん、当サイトの注目銘柄等は、別の動きになるかも知れませんが、定かではありません。しかし、買い逃した方は、最後の買い場になる可能性もありますので、動きに注目してください。ただし、日銀の緩和が続くのが条件です。

そして、注目すべきは、消費税後の経済情勢です。もっとも悪いのは、そこそこの低下です。影響無しと、重大な低下(いったんは下がるものの)はおそらく買いとなります。

スポンサーリンク