日経平均は、調整のトレンドの抵抗帯を抜けました。実体が一目の雲の上にも出ていますし、遅行線も雲の上です。

特筆すべき事は、私の予想に反して、消費税の影響が非常に軽微だったと言うことです。もちろん、今後の指標にも注意しないとなりませんが、現状、景気回復の波は強いようです。

外国勢の空売りがかなり入っていたようですが、買い戻しに動いているようです。

感触としては、小泉内閣のときの高値を超えていくのではないか、そんな感じがしています。株高は政策という側面もあり、突発的な事態でも無い限り、株高はまだまだ続くと思います。

スポンサーリンク