ベクターご存じの方が多いと思いますが、フリーソフト配布サイト(私の作品も掲載あり)、及びシェアウエア、市販サイトダウンロード販売サイトの運営、そして、オンラインゲームの運営をしています。元々はアスキーから派生した会社だと記憶しています。

今では主力のオンラインゲームですが、ゲームサイトへの不正アクセスのためのデーター流出で信用を失墜しました。現在、事業の立て直し中です。

オンラインゲームは無料で提供し、アイテムの購入で課金します。人気ゲームであれば収益率は大きいのですが、ヒット作が少なくなっていることも今の業界の現状です。

現在、自主開発から、人気ゲームのOEM供給を受けることが主力になっています。新タイトルの発表も盛んです。海外で実績のある人気ゲームの日本での運営ですので、総じて評判は良いようです。パテント料の派生はありますが、人気が出れば、あまりある収益が期待できることも事実です。

不正アクセスの信用失墜で、赤字にはなっていますが、自己資本比率84%です。浮動株も9.6%。業績の回復や材料があれば、かなりの値上げが期待されます。現在、500円ほど。100株で5万円の投資です。

株主優待は100株以上、3月末権利、1万円のオンラインゲーム利用料です。ネットオークションなどで高値で売却も可能なようです。

 

さて、似た会社にガンホーオンラインエンターテイメント(3765)があります。PCオンラインゲームから出発して、スマホゲームなどに展開していますが、数々の人気タイトルなどで急成長を遂げ、ソフトバンクの資本参加と子会社化の材料で、株価は大相場を演じました。

さて、ソフトバンクに株式が渡るその同じ日(6月28日)に、ベクターの株もヤフーBBからソフトバンクに渡り、元々のソフトバンクの持ち株と合わせた50%以上のソフトバンク直系の子会社になりました。

もちろん、ソフトバンクの戦略があっての事でしょう。

当サイトの見解は、今の安値を買って置くのも非常に楽しみだと言うことです。少なくとも中長期的な株価の上昇の可能性は高く、場合によっては、かなりの上昇も期待できます。なお、将来的にガンホーと合併という可能性もありますが、自己資金比率の高さから、こあたりの株価で損になることは少ないでしょう。

現在の株価はこちらで

スポンサーリンク