レストラン、居酒屋、ブライダル、広告業、不動産等の事業会社を傘下に収めるジェイグループホールディングスです。株主優待は、年二回。権利月は、2月末、8月末です。

優待内容は、グループ会社運営の店舗でのお食事券。 1株以上 4,000円 (年間8,000円) 3株以上 8,000円 (年間16,000円) 5株以上 12,000円 (年間24,000円) 1年間有効(ただし12月全日、及び金曜日は使用不可)

※お食事優待券を返送することによって、自社グループ商品に変更可。下記は前回の実績です。

4,000円相当コース下記よりいずれか1点 ・牛もつ鍋2~3人前 ・新九乃紫(芋焼酎) ・絆笑(芋焼酎) 8,000円相当コース下記よりいずれか1点 ・牛もつ鍋2~3人前+新九乃紫(芋焼酎) ・牛もつ鍋4?5人前+絆笑(芋焼酎) ・黒豚豚骨しゃぶしゃぶ鍋2〜3人前+絆笑(芋焼酎) ・黒豚豚骨しゃぶしゃぶ鍋4〜5人前

現在、1株65000円ほど。優待利回りは、12%を超えます。それでは会社の内容を見ていきましょう。

事業会社から、持ち株会社へ

名古屋に本社があるやや小規模の飲食店です。急成長したと言えるかも知れません。店舗は、東海地方を中心に関東、関西に展開、及び拡大中です。主業態は「芋蔵」、その他、業態の数は多し。主業態以外は、出店地域や場所によって新業態を開発する感じです。やや、ゼットンに似ているかも知れません。

蛇足ですが、社長はディスコチェーン「マハラジャ」の東海エリア管轄の名古屋レジャー開発の社長を務めていたそうです。ディスコブームの終わりとともに、マハラジャの倒産と、名古屋レジャー開発の解散。その時のスタッフを養うために起業したと言うのが真相のようです。

確かマハラジャ倒産が1998年ですから、その後10年で上場、現在の90店舗弱の展開は、急成長と言えるでしょう。上昇志向の強い会社です。

さて、ジェイプロジェクトとして運営して来た会社を分割して、持ち株会社に移行しました。現在も資産内容は悪いのですが、数年前から比べると、まだまともになって来たところです。グループは小規模ですが、今後はM&Aに注力して、拡大を図る計画です。 現在は東証マザーズ上場ですが、利回りの良い株主優待のお陰もあって株主数も上を狙えるところまで来ています。

最近は立ち会い外分売も多く、株式上昇も抑えられてきましたが、これらは流動性を高め、株主数の増加を指向していたと思います。 特に現在は、資金需要のために、より上位の市場に出て行きたいところでしょう。

この会社は、お得な株主優待ありきの会社と見られてきました。株価も割安ではありません。しかし、優待利回り12%以上の会社としては、少し安いようです。これは立ち会い外分売が頻繁にあったためと思われます。

もちろん、今後も分売、自社持ち株式の分売も可能性としてはあります。 しかし、持ち株会社移行により、新たな展開に入ったようです。

資産内容は、株主持ち分25%程度と、それほど良くありませんし、売り上げ利益率も2~3%と少し弱い感じです。しかし、過去から比べるとかなり良くなって来ましたし、急成長企業では良くあることです。 会社としては、次を狙えるレベルになったと、判断していることでしょう。

もちろんお奨め株主優待コーナーにまで入る銘柄では無いのですが、注目株主優待銘柄コーナーに入れるべきか、どうか最後まで迷いました。 しかし、優待の有利さも含め、現在成長中の企業には魅力があります。パイが限られている飲食業で、地力で成長をしている事のみでも なにがしらの可能性があります。

当サイトの見解は、優待株数の範囲で、今後を見守りましょうと言うことです。

スポンサーリンク