現在、株式投資用語集は、英数字部分が一応、形になったばかりです。

常々、株式用語解説集を作りたいと考えていましたが、この度、構築を始めました。

一定の用語が普及していくのは、そこに実体があるためです。言葉というのは、言霊と言って、その言葉が表す概念が確固として存在します。

言葉というのは、実体なのです。株式投資を理解するには、株式投資用語をある程度、概念として理解することが大切でもあります。

もちろん、用語集は数多くあります。ネット上を検索すれば、分かりますね。

しかし、いつも思っていました。その解説は、正しいのですが、どれだけの方がどこまで理解できるのかと。
ある言葉を、ある言葉で置き換えただけのものは、解説とは呼べません。それは類語辞典に過ぎないのです。

そう言う、類語辞典でしかない、用語集の多いこと。
もちろん、一ページを使い、詳しく解説されている方も居て、頭が下がります。しかし、そう言うものは大系になっていない。

私は出来れば、用語集と解説ページの中間的なもの、とりあえずの糸口の大系を作りたいと思っています。

今回、作り始めて、永遠に完成しないものと認識できました。

しかしながら、徐々にその頂きに、上っていきたいと思っています。

※後日記載
一応、完了していますので、活用してください。

スポンサーリンク