ご案内です。

ページ閲覧数(PV)の表示を中止します。(アクセスランキングは継続します。)

ページ閲覧数の表示停止について

以下、お暇な方だけお読みください。

このサイトは通常のHTMLのサイトではなく、CMS(content management system)で作っています。
アクセスがあった場合、プログラムで検知して、要求されたページの記事をデーターベースから読み出し、その都度、ページを作り出し、ブラウザに提示します。
つまり、プログラムで稼動して、逐一ページを作り出しています。サーバーにとって多大な負荷が掛かります。
(その代わり、更新が楽です)

その速度低下を緩和する措置として、プログラムでキャッシュを構築しておくことをする場合があります。
擬似的な静的なページを予め作っておくと言う事です。
しかし、そうしますと、ページ閲覧数の取得を取りこぼすことが多いと言うことが分かりました。

意外に閲覧数が少ないと思われたかも知れませんが、集計を取りこぼしていたのです。
そこで、キャッシュサーバーを自己のサーバーの前面に展開することにしました。世界中の30カ所程度に、一部コピーを作るようなものです。
アクセス元の近くからデーターを取得して表示させることが出来ます。

しかし、速度を調べますと、2倍程度の上昇しかありません。また、当サイトは国内からのアクセスがほとんどです。

そして、それに伴うリスクを考えますと、キャッシュサーバーの不具合、自分のサーバーの不具合の2倍になります。
つまり、どちらが不具合になっても、サイト表示が出来ません。
ですから、速度の面でも、リスクの面でも、自分のレンタルしたサーバーのみで表示させたほうが良いという結論に達しました。

もちろん、キャッシュを使わず表示させてもよいのです。高性能なサーバーに移転しましたので、従前より速度は出ます。
(以前のサーバーでもキャッシュを使っていましたので、それよりは低下します。)

しかし、自己満足と利便性を考えると、要求に対して可能な限り高速な対応をしたい訳です。
とは言え、もっと高性能なサーバーへの移転は、費用対効果を考えて、また、収支を考えると現状を遙かに超える大幅な持ち出しになってしまいます(広告収益が大きい他のサイトも運営しているため、現状は完全な赤字ではありませんので、御安心ください)。
これは広告費の収益向上を期待して将来的な検討にしたいと思います。

総合的に考えて、今のサーバーでキャッシュプログラムを稼働させる、
その場合、ページ閲覧数(PV)の計測の取りこぼしが非常に多いので、表示を止めることが適切と言う結論に達しました。

なお、アクセスランキングは、取りこぼしがあっても、ほぼ同じ割合で起こるため、順位は適切に表示されるだろうという判断で継続します。

ご意見がございましたら、お願いします。

スポンサーリンク